2018年07月06日

請求書が届いていない取引先がある

取引きを開始して約14年経過するある取引先の請求書が昨夜までに届いていないので、メールで確認したら「忘れてました!」という返事がきました。

請求書を真っ先に郵送してくるフライング気味の会社と同じくらいお金に執着するのに、忘れるとは「ボケが始まった?」のか。
*納品日や数量を間違えることはあったが、請求書を出し忘れるなんて。初めての事だ。

私は請求書が届いた件から速やかに処理していくので、だいたい月の初旬には全部支払いを済ませるのがいつもの事です。
たぶん、私の取引金額が少ないので眼中になかったのかもしれないが(笑)。

今年も7月期の支払金額は小さく、事業収入も少ない。これは毎年の事なので、もう慣れています。

猛暑でみな、まいっているのだと思いますが、今年の夏は十分に休みたいです。
posted by 防音職人 at 08:29| Comment(0) | 暮らしの雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

出来る事と出来ない事がある

最近、遠方や費用的にも無理な相談の件があり、提携業者を紹介して欲しいという要望でしたが、いまは提携業者は居ません。

東京においても、出来ない防音工事もあり、必ずしも保証できません。

すでにご相談の件、すべて提案書も見積りも提示しました。ですが、返事さえしない、相談料も払わないで逃げる者、とても酷い輩が増えています。
無料相談に飛びつく人に多いです。

建築士も全く相変わらず酷いのが多く、業界全体のモラルが低下していると思います。そんな連中が設計施工した現場は問題が多発しているようです。

しかしながら、私の方もボランティアでは生活できませんので、適正な費用を約束していただかないと動けません。

無料相談だけで問題が解決できると思う人は、他の業者を探していただいたほうが良いでしょう。
posted by 防音職人 at 10:33| Comment(0) | 暮らしの雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

防音室の保証事例

まっとうな専門業者なら、契約書にアフターサービスの記載があると思いますが、数値保証は想定で記載されると思います。

というのは、私の防音相談には大手など専門業者が失敗した防音室の相談が今まで相当数あったからです。失敗しても言い訳ばかりで造り直しや追加対策して保証内容を履行した事例がないのです。

結局は失敗したら、再度費用をかけて防音工事をし直すことしか誰も考えないのです。

私と契約した現場は、部分的に解体して解決したものが大半であり、木造防音室ならば改善できます。

木造のピアノ防音室であっても、保証された現場なんか殆どないんです。約束の遮音性能がないのにどこの専門業者も保証していない。これが防音業界の実情です。

だから大手の専門業者なんか、看板と広告がデカイだけです。少なくとも木造防音室に限定すれば技術力なんかないと言っても過言ではない。
これが14年間、自営業を続けてきて得られた結論です。

これからも業界は余り変わらないというか、業者の数だけは増え続けているようですので、本当に希望する技術力を持っている専門業者を探すのは容易ではないです。

くれぐれも広告の内容を鵜呑みにしないように留意してください。
posted by 防音職人 at 20:08| Comment(0) | 防音の事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする