2013年07月25日

マンションの生活騒音と防音材

 私が自宅マンションの防音工事を自力で行った17年前に比べて、防音製品の通販サイトは格段に増えました。これは、異業種から防音リフォームを行う施工業者に衣替えした事業者、あるいは独立開業したリフォームなどの建築業者が増えたことを意味します。

 一番問題なのは、マンションの天井やGL壁の生活騒音を、防音材を張るだけで大幅な効果があるとか、解決できると、謳う誇大広告です。
 実際、苦労して防音設計・工事を担当する専門業者ならば、そんな簡単な問題ではないことは十分分かっています。騒音のメカニズムを知らない、防音設計の基本が理解できない業者に限って、安易に防音材を張り付ける、売ることしか考えないのです。

 ただし、床の防音対策には、DIY防音材の活用は有効です。これはマンションにおいては、ユーザー自らが積極的にやってほしいと思います。
*私は特に経験者として、床のDIY防音はお勧めします。
posted by neoproof at 15:08| Comment(0) | 生活騒音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

マンションの床防音とは

 マンションの床防音の場合は、対策として概ね3種類あります。1つは既存の床内装を解体して防音工事をするケース、もう1つは既存床の上に防音材を重ねて、新たにフローリングなどを施工するケースです。
 3つ目は、DIY防音です。既存床に防音材を敷いて、最後にカーペットなどを敷いて対策を行うものです。

 比較的新しいマンションであれば、DIY防音でも大分効果が出ます。
足音の防音対策(マンション)(DIYなど)
この事例は、築3年程度の分譲マンションでしたが、無事、問題を解決できました。

 また、私の自宅マンションでは、真上の居住者に協力をお願いして、フローリング床に制振フェルトを1重敷いて試していただきました。結果、子供の走り回る音が大分穏やかになり、防音効果を体感できました。これを2重にすれば更に効果が増しそうです。
*ちなみに築17年の時点で敷いていただきました。

 御予算などの問題で天井防音や上階の床の防音工事ができない場合でも、話し合いにより、DIY対策を行うことで、足音などの生活騒音を軽減することができます。
posted by neoproof at 09:58| Comment(0) | 防音とは何か | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

マンションの壁騒音と防音工事

 過去約16年間、マンションの騒音対策に関わってきましたが、一番我慢できないのは、コンクリートの分譲マンションで聴こえる戸境壁や外壁のGLからの生活騒音だと、大半の居住者が言います。

 それも人の声やテレビの音が間近で聴こえるのは我慢ならないというわけです。天井からの振動音はある程度は仕方ないという認識ですが、壁から音が漏れるのは理解できないという人が多いですが、近年のマンションでも、このようなケースが少なくありません。
 それは工法や構造が基本的に同じであり、超高層マンションやボイドスラブなど一般のマンションと異なる床・界壁の工法を採用した物件でも、遮音性能が上がることは少なく、同様な問題を抱えている場合があります。

 対策としては、通常のマンションGL工法の壁のほうが解決しやすく、GLや胴縁下地を撤去して、界壁を防音構造化すれば大幅に騒音は小さくなります。通常の防音工事が必要ですが、私の経験では壁の防音工事は適正な工法・仕様で施工すれば、最も成功率の高いものです。

 ぜひ、信頼できる実績豊かな専門業者に、相談されることをお奨めします。
posted by neoproof at 08:15| Comment(0) | 壁防音(GL・戸境) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする