2014年08月09日

生活騒音対策の防音工事の案件

最近、マンションの防音工事そのものを案件として手控えています。
いろいろな理由があるのですが、ここ数年、こんなことがありました。
「工事をしていない隣の部屋から音が聴こえると依頼者に言われた」「苦労して私の経費を節減して騒音を減らすことができたのに、お礼の一言もなかった」「近隣世帯の工事同意が得られず工事ができなかった」「内装を解体したら想定外の問題が露見し、防音効果が十分に出せなかった」ということなどがあり、マンションの防音対策の相談は知人建築士を紹介するようになりました。

とくに、苦労しても、お礼の一言もない依頼者には余計にがっかりさせられ、マンション住民の民度の低さが、私のモチベーションを大きく下げたのです。
マンションの生活騒音は、居住者や依頼者のレベルにも問題があり、問題解決に尽力しても報われないこともあり、専門業者も業務として受けたがらない要因になっています。
posted by neoproof at 08:28| Comment(0) | 生活騒音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月10日

天井防音とボイドスラブ・GL壁

マンションの上階騒音を階下の天井・壁で対策する場合、もっとも難しい現場は「天井がボイドスラブ、壁がGL工法の区画に囲まれている」ケースです。

人の声など空気音や、足音など重量衝撃音ともに、遮音性能が低い構造ですので、これに対処できる専門業者はほとんどないでしょう。私の運営している防音職人のチームでも実施した事例は約6年間で2件しかありません。1つは福島県、もう1つは東京都内です。ともに成功しましたが、工期がかなりかかりました。

しかも、工期が長いだけでなく、コストもかさむので、大半の業者は業務として受けることはほとんど無く、ノウハウとしても対応できる業者は、私でも防音職人を除けば、提携先1社しか知りません。

ボイドスラブは、評判が悪いので名前を変えているようですが、相変わらず現在も施工されているようです。生活騒音が気になる人は、該当する物件は購入されないほうが良いと思います。

運悪く知らないで入居した人は、最悪の場合、自宅の天井・壁について防音工事をするしか手立てがないかもしれません。
posted by neoproof at 08:50| Comment(0) | 天井防音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

マンションの防音工事ができる業者

私が約17年前に自宅マンションの防音工事を実施したころは、専門業者は非常に少なく、そのため外注した2件の業者は、ハズレでした。

現在は、大阪、東京に限定すれば会社の数は増えていますので、じっくり探せば、まともな専門業者が見つかるのではないかと思います。

ウェブサイトを探すときのポイントをあげると以下のようになります。
・実例を工事写真を交えて説明していること。
・生活騒音、防音室など分野別に概要が説明してあること。
・値段だけでなく、対策の方針などに言及して、留意点についても掲載していること。
・自社の製品説明だけの業者には防音設計ができないケースが多い。
以上の点を踏まえて、まず問い合わせることだと思います。

くれぐれも、見積り金額だけで判断しないように、総合的に検討することをお勧めします。
posted by neoproof at 11:18| Comment(0) | 防音の事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする