2018年10月28日

専門家によって異なる防音コンサルティング

音響・防音設計、生活騒音対策の業界でも医療の世界と同じで、専門家によって処方や方策が異なる場合があります。
*少しでも不安をもったらセカンドオピニオンの専門家を探したほうがいいです。

たとえば、防音室の工法は、建物構造にふさわしい仕様があります。
*建物の耐久性
*費用対効果、構造体の厚さ
*メリハリのある適正コストの提案 など

また、マンションの二重天井のように技術的な工法を提示できない専門家は、その分野は専門外ということになります。

具体的な提案書や防音相談で専門的な知見が提示されない場合は、避けたほうが良いです。

さらに業務実績というものが、ウェブサイトには必ず記載されていますので、自分の希望する内容が該当するか目安になると思います。

直接会って防音コンサルティングを受ければ、業務実績が本当かどうか分かると思います。
*その場で質問しても納得のいく答えがなければ、その担当者は単なる営業マンです。

ただし、金額だけで提案書の中身がないような業者は専門家ではありません。
*金額だけ値引きしますという提案は技術的な仕様がレベルダウンすることを意味します。

一番危険なのは、専門業者の知名度だけで判断することです。
posted by 防音職人 at 16:31| Comment(0) | 防音相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

マンション防音相談で最も多いのが天井防音

マンションの防音相談で最も多いのが「天井防音」次いで「戸境壁の防音」です。
*部材や防音材の搬入、廃材の処分のほか、天井スラブへのインサート増設が出来ないため長い部材を運ばなければならないなどの制約。
 このため、地上2階または地下1階までしか防音工事ができません。

諸経費や資材の高騰に加え、大震災以降は天井スラブへの工事上の制約が厳しく、理想とする防音工事そのものが出来な現場が増えました。
*防音相談では具体的な問題点を相談者に説明したうえで、見積り提案書を時間を掛けて作ります。

ですから、上記の制約をクリアできても、本気で工事を依頼しようと考えている相談者にしか提案書は提示しないのです。
それだけ難易度の高い案件なのです。

天井の本格的な防音工事を実施して成功した事例は、防音職人以外のウェブサイトには掲載されていないと、相談者にも言われます。私も色々なキーワードで実例を探しましたが、自分の運営するサイトしか出てこないです。
*あった!と見つけたら「それは私のウェブサイトを無断流用した情報サイト」でした。

建築士にもよく言われますが、防音職人以外の事例を見たことがないので、施主にもよく相談されるということです。それは遠方のため諦めているという地方の現場でした。

東京及び周辺部の現場でも、上記の制約条件から提案書すら提示できない件も少なくないですが、真剣なかたには出来る限り防音相談をお受けするようにしています。
今年は未だ2件しかマンションの防音工事は実施していません。大半が途中で連絡が途絶えるからです。
*参考情報:天井防音(ブログ)
posted by 防音職人 at 13:37| Comment(0) | 防音相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

仕事場で防音相談の打合せが出来ます

やっと、仕事場のリビングで防音相談の打合せができるようになりました。

このところ準備や家庭の事情で雑用が多く、なかなか相談予約をお受けすることが出来なかったのですが、先週の土曜から再開しました。
すでに見積り依頼をいただきました。

いきなり、難しい内容の相談が2件来まして、今月の大半はこれらの検討と事務的な作業に時間がかかると思います。

もちろん、新規のご相談もお受けできますので、お気軽に御問い合わせ下さい。
相談ページ

なお、ゲストブログは次の雑記ブログも併用しております。(概ねウェブサイトと暮らしの雑記です)
*たいした事は投稿していませんが。
できるだけDIY

防音相談や木造防音室の記事は、次のページをご覧ください。
防音職人だより
posted by 防音職人 at 07:54| Comment(0) | 防音相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする