2018年09月17日

新築に関しては消費税率アップを考慮した相談が始まっている

すでに駆け込み需要は、新築案件では始まっていると言える。

なぜかと言うと、新築物件は着工してから約5か月かかる。まっとうな工事は整地・基礎工事から上棟まで約1か月半かかり、その後竣工検査まで約3か月、そして外構の仕上げに約半月掛かるのが普通である。
*防音室の計画を含んでいれば、10月中に完成するスケジュールでないと、防音工事や資材に新規の消費税率がかかる。

ということは、5月下旬には着工しなければならない。

5月着工のためには、確認申請は4月の上旬に出す必要があり、この直前には予算と仕様が確定していないと間に合わない。
少なくとも、相見積や契約を考えると年内に土地を確定して計画案を作成し、来年には専門業者に提示する必要がある。
*そして年明けに設計案が固まる。

防音室の専門業者に相見積と提案書を依頼し、3社から4社程度の提案を検討するには数か月かかる。

私が経験した案件は、概ね以上のようなスケジュールで進み、完成までに1年以上かかっている。

年明けからでは、新築住宅に併設する音楽防音室はプロ用としては時間が足りないのである。

私の来年着工の契約案件のうち1件が来年9月〜10月完成目標で、現在見積り中である。
年内に見積りと設計を確定してから、新築業者を探すことになっている。
*新築全体の設計と防音室の施工内容・予算の調整を先にやるという案件。実質的な工期を5か月間から6か月間想定している。
posted by 防音職人 at 14:32| Comment(0) | 防音相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

無料相談は休止中です

9月に再開する予定だった無料相談は、当面見送ります。

それは、無料相談どころか、有料相談の約束さえ破る人が出てきたからです。この人は大丈夫という確信を持てない相談者は遠慮します。

契約のご検討を前提とした初回の無料相談は、今までどおり継続します。

どうやら、無料相談で出来る限り情報を入手して、他の建築業者に依頼するという目論見で問合せて来る人が結構いるようです。

私は民間の自営業ですから、無料相談をお受けするという保証はなく、義務もありません。

建築資材も本業ではないので、現場に納品することは出来ません。自分が担当する現場に、市販以外の防音材を納品するだけです。

無料相談を行っている専門業者は居るのか?ということですが、大手業者ならやっているようです。
*大半は防音室メーカーです。

木造住宅やマンションの生活防音に関する無料相談はないです。ウェブサイトをいくら検索しても出てきません。
posted by 防音職人 at 09:36| Comment(0) | 防音相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

二度と相手にしたくない施工業者もいる

地方の防音室の防音相談で契約した現場の担当業者(施工)がとんでもないカスで驚かされた。
スタッフの社員教育も満足にできない出来損ないの施工業者である。

有限会社だから老舗だろうと思って期待したのだが、とんでもない外れだった。依頼してくれた施主には気の毒だが、これ以上の深入りはこちらの信用に傷がつくリスクがあるので、今回の契約業務をもって二度と付き合わないことを決めました。

NHKの防音スタジオを施工したと自慢していたが、その業者が作成した図面は、ど素人の内容だった。
私が仕様などを作り直さなかったら、施主の防音室は悲惨なことになっていたと思います。

防音相談を14年以上行っているが、こんな酷い建築業者はとても珍しい。
見かけがデカイのは風呂敷だけだったようで、設計内容は疑問だらけであり、防音工事の直前になって、えらそうなこと言う割には、初歩的な質問を五月雨にしてきた。

こんなレベルの建築業者は防音工事をしてはいけない。色々な人に迷惑をかけるだけであり、生活防音や防音室の仕事をやってはいけない業者だ。
posted by 防音職人 at 16:05| Comment(0) | 防音相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする