2018年10月28日

専門家によって異なる防音コンサルティング

音響・防音設計、生活騒音対策の業界でも医療の世界と同じで、専門家によって処方や方策が異なる場合があります。
*少しでも不安をもったらセカンドオピニオンの専門家を探したほうがいいです。

たとえば、防音室の工法は、建物構造にふさわしい仕様があります。
*建物の耐久性
*費用対効果、構造体の厚さ
*メリハリのある適正コストの提案 など

また、マンションの二重天井のように技術的な工法を提示できない専門家は、その分野は専門外ということになります。

具体的な提案書や防音相談で専門的な知見が提示されない場合は、避けたほうが良いです。

さらに業務実績というものが、ウェブサイトには必ず記載されていますので、自分の希望する内容が該当するか目安になると思います。

直接会って防音コンサルティングを受ければ、業務実績が本当かどうか分かると思います。
*その場で質問しても納得のいく答えがなければ、その担当者は単なる営業マンです。

ただし、金額だけで提案書の中身がないような業者は専門家ではありません。
*金額だけ値引きしますという提案は技術的な仕様がレベルダウンすることを意味します。

一番危険なのは、専門業者の知名度だけで判断することです。
posted by 防音職人 at 16:31| Comment(0) | 防音相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。