2018年10月18日

専属の施工チームを維持する難しさ

このところ、提案書を数回提示した相談者の返事が途絶え、ほぼ年内施工は無理なような気がします。

問題は待機していた専属施工チーム(2名の大工+クロス職人)の現場が決まらないことです。私だけではなく、彼らにも生活費用が必要であり、いつまでも家族の収入をあてにできるほど、余裕はないと思います。

先日、相方の一人が、年内は暮らしていけるので、まずインスタで防音室の成果を写真で知らせたいと言っていました。私が音響チェックの際に個人的に撮影させていただいた分と施主に依頼してピアノなど楽器と一緒に室内を撮影していただいた分を整理して、彼に送りました。

私も先月より、新しいウェブページ作成に着手し、全体の約4割程度作りました。

しかし、来月まで放置できないので、とりあえず緊急的にポケットマネーで職人2名に臨時の一時金を出しました。
私も苦しいのですが、施工チームを来年まで維持しないと、すでにご契約いただいた来年の2件の現場を担当できなくなるからです。
*新築業者など他の工務店に防音工事を依頼するには、現場経費も説明資料の作成費用もかかるので、施主にも迷惑がかかります。

それに新築業者と施主は、専門の施工チームの工事を希望されているので、変更は無理です。

施工チームは、自分たちの力で受注した経験が殆どないので、どうやって契約までこぎ着けるかのノウハウがないです。
*契約書や見積書の作り方も知らないので、私の雛形をそのまま書き換えて使ってます。

もともと、あるリフォーム会社の専属だったので、書類を殆ど作ったことがなく、諸経費も自分たちで見積ったことがないのです。
それが独立しなければならない事情になり、11年前に私の専属にしたのです。
*私の方も人材不足で折り合わないことが多かったので、専属チームをもって育てることにしました。

根気強い職人でないと防音工事は維持できません。途中で手抜きをされると苦労が水の泡になりますから。
私ももう少し頑張ってPRする努力を続けます。
posted by 防音職人 at 07:33| Comment(0) | 暮らしの雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。