2018年08月27日

ウェブサイト構築の目的(仕事の場合)

同じ業界のウェブサイトを見ると、大半がキーワード検索で上位に出て来ること、検索エンジンの広告で知名度を上げることを目的にしているような気がする。
*それは誇大広告や、見出しと写真だけの実態が見えない事例表示を見れば明らかであろう。

利益追求の企業としては普通なのかもしれないが、それが社会的に寄与するかどうかは別の問題である。
*余り役に立たない商品を販売する行為は、ユーザーへの背信行為だと思う。
*100万円で造れる防音室と言っておきながら、窓もドアも換気扇もオプションとして50万円程度追加となる。実際は150万円に消費税がかかり、162万円というのが契約金額になる。

これは広告表示として大きな問題がある。ウェブサイトは、そういうことをするためのツールではない。
小さな企業でも、有益なコンテンツを発信することで、ユーザーの要望に応えるのが本来の目的であると思う。

私がいま、新規に作成中の情報サイトは、初心者向けの防音設計コンテンツである。
できるだけ、理解しやすいように検討中であるが、初心者に理解してもらうのは、かなり大変なことだ。それは理解力は個人差が大きいからだ。

とにかく、正しいことを当たり前に伝えることを目的としている。そこには誇大広告も利益追求もない。あるのは技術的な追求だけである。
posted by 防音職人 at 11:48| Comment(0) | DIYウェブサイト構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。