2019年07月11日

防音材の値上げが2%では済まない理由

皆さんの中には、もしかしたら2%消費税が上がっても、防音材の定価は2%しか上がらないと思う人がいるかもしれません。

しかし、実際はそうではありません。

輸入している原材料が2%上がれば、その費用に輸送費2%が加算され、工場に到着した時点ではすでに複利計算の様に加算されてます。
それが工場での生産コスト自体にさらに2%加算されます。

そしてメーカー事業所に輸送される時点で、さらに2%加算。製品として既定のサイズに加工される段階でまた2%加算されます。

さらに代理店の大手問屋に納品される時点で、また2%加算され、ここでようやく仕入れ価格が決定します。
*大元で1000円の製品が、この段階で1104円になり、10%以上の値上がりです。

また、さらに通販サイトや専門業者がユーザーに納品する段階で、差額の2%以上が加算され、1126円以上の価格になります。
通常は計算しやすい1130〜1150円という納品単価になります。

少なくても、売値は13%〜15%程度は上がるわけです。

防音製品の販売メーカーは大手代理店(問屋)経由で納品しますので、通常は10%程度の値上がりが普通です。

小売業者は、これに自社の利益を載せるわけですから、業者によっては20%程度の値上がりとして売値を決めるかもしれません。

防音職人では販売メーカーから直送するシステムですので、普通は10%程度、仕入れ価格が上がると見ています。
posted by 防音職人 at 12:35| Comment(0) | 防音材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

今日はネット検索と自宅の消防設備点検

今日は自宅マンションの消防設備点検(火災感知器、避難梯子、消火栓など)です。
ほぼ、朝から夕方まで火災感知器などの警報音と消火栓、避難梯子などの稼働音が響くので、朝寝ができません(笑)。
*今日は早く朝食を済ませました。

この日は、毎年の事ですが、朝からPCを起動してセキュリティソフトを動かしたり、不要なファイルを削除します。

そして、キーワード検索で本業のウェブサイトを調べたり、ネットショップなどの製品価格をチェックします。

さきほど「防音」というビッグワードで検索しましたら、ユーザーに提訴されている業者や欠陥製品を販売していた通販サイトなど、なんだか問題業者ばかりが上位を占めています。
*防音職人のコンテンツを過去に盗作した業者のサイトも複数出ていました!

グーグルのキーワード検索なんて、こんなもんです。だから被害を受けるユーザーが増えるんですね。
グーグルの独占状態の弊害です。

ちっともキーワード検索の質なんか向上していません。相変わらず中身のない、人様のコンテンツを切り張りしたような情報サイトが出てきます。
人間がウェブサイトの中身をチェックすれば、もう少しマシな検索結果になると思います。
*検索エンジンの限界かもしれません。

私の場合は、ビッグワードで勝負しても意味がないと思っていますので、コアなキーワードを意識しています。
posted by 防音職人 at 07:12| Comment(0) | 防音相談・工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

相談者の地域的傾向

この記事は約15年間の業務経験をもとに記述します。

皆さんは居住地の地域的な契約者の傾向を信じますか。私は独立開業当初は、日本人なら皆さん大差ないだろうと思ってましたが。

約15年間の契約者の傾向をまとめると驚かれると思います。

なんと、北陸・信州、福島県、静岡県は契約率100%なのです。(建築会社ではなく一般個人と音楽家、自営業の建築士など)
*相談予約をいただいてから見積り提案書をご了解いただき契約された件

次に契約率が高いのが鹿児島県・福岡県、大阪府、愛知県、埼玉県、神奈川県、北海道です。

逆に提案書を了解されてからキャンセルされる(契約率が低い)のが、福島県以外の東北地域、東京都内です。
*マンション・戸建共通です。
*人様の労力をなんとも思っていない人が多いのが特徴です。

自営業の建築士は契約率が高く、大半が地方のかたです。これも九州、北陸が多い。

特に北陸・信州・福島県・静岡県の人から問合せをいただくと、非常に嬉しいです。対応も丁寧で信頼できる案件ばかりでした。
*これらの地域のかたの共通した特長は義理人情に厚いということです。

なかには白血病を発症されたあと、無事退院されてから約束通り契約された人がいまして、このかたには感動しました。
*新潟県の女性でした。防音効果が予想以上にあり、とても喜ばれました。

特に想い出に残っている事例は、同郷のプロのピアニストに依頼された現場です。※鳥取県です。
*親戚の叔母に施工業者の評判を聞いて、厳重な指示を施工業者にしまして、成功しました。

東京は悪い人ばかりなのか(笑)と誤解されるといけませんが、誠実な人はいます。
*地元国立市内の木造防音室の依頼者は女性のプロピアニスト、あきる野市の女性ピアニストのほか23区内の男性ピアニストなど

でもね、出身地をお聞きすると同郷であったり、地方の人が多い。東京人は下町地域は契約率が高いです。

キーワードは「義理と人情」です。そして誠実さですね。
posted by 防音職人 at 10:28| Comment(0) | 防音相談・工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする